酔った勢いのとりとめ無きお話
- | 日々徒然 | 秋葉原 | 武術・格闘技 | お酒 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
居酒屋「酔蓮」
≪2009.12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2010.02≫
プロフィール

漣蓮

Author:漣蓮
燃料は酒、魂はアキバ系。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
「 2010年01月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.01.15 Fri
ならば相性最悪ってこと?
確かに相性ってのは大事だよね。

はい、注射が苦手な漣蓮です。
先に行っておくと子供みたいに「注射怖いよ???」ってことで苦手なんじゃないんですよ。
大分前にも書いたと思いますが、軽い金属アレルギー持ちの私にとって、当然「注射針」も例外ではなくてですな…

注射されてる最中にやばいことになるんですよ…

とまぁこんな前振りをした上で本題。
今日はちょっとした事情から注射うたれに行ってきたんですが、実は随分と前に…

とんでもないドジっ娘看護士に遭遇してしまったんですよ。

そのドジっ娘看護士…私の右腕に注射うとうとして失敗…
「あぁぁぁぁ、すいません。あ、あの逆の腕でやってもいいですか?」(ホントにこんな感じ)
んで左腕にうとうとして…失敗しやがりました。
「す、すいません!!すいません、代わりの人呼んできますんで!!」(ホン以下略)
その代わりに来た人(ちょっと年上の方)が
「迷惑かけて申し訳ありませんでした」
って言うや、一発で決めてくれました(しかも針刺されてるのに痛みがゼロって…どんだけ達人だよ)

ってな話を今日注射をうってくれた看護士さんに話したところ
「う?ん…でも患者さんとの相性ってあるんですよ。血管見えてるのに失敗したり、逆にうっすらとしか見えなくても巧くできたりするんですよ。だから患者さんとその人の相性がたまたま悪かったんですよ?」
と。

その理屈で行くと…看護士Kさんと私の相性は最悪の極みってことじゃないか!!
も、もう二度とKさんに当たらないことを、心から願わずにいられないっ!!
スポンサーサイト

日々徒然    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。