酔った勢いのとりとめ無きお話
- | 日々徒然 | 秋葉原 | 武術・格闘技 | お酒 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
居酒屋「酔蓮」
≪2010.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2011.01≫
プロフィール

漣蓮

Author:漣蓮
燃料は酒、魂はアキバ系。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
「 2010年12月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.12.08 Wed
他山の石
酒は呑んでも呑まれるな、と言うこと。

はい、「お酒は楽しく」漣蓮です。
さて…ねぇ、最近色々世間を騒がしていますあの歌舞伎役者の方が記者会見をしたんですが…

今回の事件って、この方に対する擁護の声をほとんど聞かないんだよねぇ。
嫌な言い方すれば「いやぁ、いつかこうなると思ってましたよ」とか「やられても文句言えないでしょ」って感じの空気でいっぱいというのかな。
でもこの方に関してはずっと前からお酒と女性に関してあまり良い話題が出てこないから、ある意味自業自得な部分もあるんでしょうけど。

で、私が書くのはお酒のお話。
酔うとハイになる人とか、気が大きくなっちゃう人って結構います。
かくいう私も20代の頃には相当お酒で失敗しましたよ(記憶無くして気づいたら家の天井見てた、なんてよくあったっけ・苦笑)
幸い呑んで暴れて人に怪我させたことはないし、今じゃ笑い話の種にも出来るけど、当時の私にしてみればもぉ逃げ出したくなるくらい恥ずかしい出来事ですよ。
そんなある日、朝の通勤中車の中で聴いていたラジオのパーソナリティーの方(確か60くらいの良い声のおじ様だった)が、その頃の私と同じくらいの年(20代半ば)のリスナーから来た「お酒で失敗しちゃって…」と言うメールを取り上げて、こう言っておりました。
「お酒の失敗は出来るだけ若いうちに経験しておく方が良い。若ければ笑い話の種にも出来るけど、年取ってからだと、立場やプライドが邪魔をしてそれが出来ずらくなってくる。
だから君は今回の失敗を恥じるのではなく糧にしなさい(ちなみにこのパーソナリティーの方は相当の酒豪らしい)」
このお話から私は、それまでの失敗を振り返って「どうしたら楽しく美味しく呑めるか」ってのを考えるようになりました。

だからねぇ…真偽のほどは何処にあるかは知らないけど、彼の人には一度自分の飲み方を振り返ってみて欲しいのですよ。と同時に私自身にとって良い自戒の材料となりました。
お酒は分をわきまえて、美味しく楽しく呑みましょう。
特にこれから忘年会とかのシーズンですからね。
ではでは?
スポンサーサイト

日々徒然    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。