酔った勢いのとりとめ無きお話
- | 日々徒然 | 秋葉原 | 武術・格闘技 | お酒 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
居酒屋「酔蓮」
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

漣蓮

Author:漣蓮
燃料は酒、魂はアキバ系。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.10.10 Wed
廉価版ってあなた…
前回なんで自分が勝者になれたか解ってないのかなぁ…

ほい、PS3値下げのニュース見てため息ついた漣蓮です。
いやさぁ…前々から「PS3は買う気ありません」って言ってた私ですが、ハードの値段が下がってどうしてもやりたいタイトルがあったら、もちろん買う可能性はあります。
でも今回のニュース見ると「SCEはまだ解ってないんだなぁ…」としか思えないんだよね。

PS3と言うハードは、登場以来「ゲーム機のレベルを超えた描写能力」が売りになってる節がありました。
ところが現実にはそれを生かせるソフトがほとんど出ていないわけです。つまり…「どうしてもPS3でなければダメ」なソフトはほとんど出ていないわけです。
そんな状況下にあって「PS2との互換を切り捨てた廉価版」を出すことにどういう意味があるんでしょう??
「ハードの値段下げるから、まずは遊んでみてくれ」とでも?
馬鹿を言ってはいけません。約4万という決して安くはない代金をお試し品に使うなんて無茶は少なくとも私には出来ません。
「PS2のソフトが遊べなくても、これからPS3独自の魅力的なタイトルが出ます」とでも?
そんな不確定な未来に用はございません。そう言う台詞はまずラインナップをきちんと揃えてからにしてください。

WiiやDSが市場を席巻する今でも、PS2は地味だけどしっかりと強さを見せています。PS1から続く豊富なタイトル、ゲーム機としての安定したレベル、こなれた開発環境。さて、この強力なアドバンテージを持つPS2に、PS3が勝てる要素ってなんなのでしょうねぇ?
もしSCEがPS3と言うハードに絶対の自信を持っているのであれば、いっそ「PS2との互換を排除した廉価版だけ」販売すればいいと思うんですけどね(笑)
もしちゃんとタイトルを揃えられれば、ファミコンを切り捨ててなお成功したスーパーファミコンの様になれるでしょうし、それができなきゃN64やGCの轍を踏むだけです。
さてさて、どっちの転ぶんでしょうねぇ?
スポンサーサイト

日々徒然    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sazanamiren.blog63.fc2.com/tb.php/117-93270a39

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。