酔った勢いのとりとめ無きお話
- | 日々徒然 | 秋葉原 | 武術・格闘技 | お酒 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
居酒屋「酔蓮」
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

漣蓮

Author:漣蓮
燃料は酒、魂はアキバ系。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.03.06 Thu
ルール改訂ですか
個人的には色々いじってしまいたいところがあるんだよね?

はい、柔道見てるとちょっともどかしくなる漣蓮です。
時折TVで柔道の大会が放送されることがありますが、そのたびどうしても思ってしまうんですよ。
有効と効果の違いがわからん!!
と。
で、その「効果」についてこんな話が出てるらしいですな。
「一本勝ち増やそう」国際柔道連盟、「効果」廃止を検討
ほほう、ポイント重視の試合解消が狙いかぁ?

個人的なこと言うと、ポイントがどうとか言うより「効果」と「有効」の差がよく分からない私には
「どっちかでいいじゃん」
って思っていたところがあったので、どっちかにしてくれるとスッキリして良いんじゃないかと。
あとこれと同時に「タックル技」の反則化も問われるみたい。
こちらの理由としては「レスリングと同じような技が目立って柔道本来の面白さが薄れる」と言う物らしいんだけど…んじゃあ「朽ち木倒し」は柔道の面白さを損なう技なんでしょうかねぇ??
私はむしろ「立ち技は苦手だけど寝技は自信あり!!」って選手の攻撃の糸口として大事な技だと思うんだけどねぇ。

そもそも…一本勝ちがぱかすか出ると思ってる節が見える時点で「?」なんだ。
ボクシングにせよ総合にせよ、実力者同士の争いになればなるほど「KO」や「一本」での決着が出づらくなる。これは「実力者」になる過程で攻撃と同時に「それに対する防御」のスキルも上がるから。
攻撃の選択肢がかなり広い総合でも、たった二つの拳で決められた範囲の攻撃のみ有効なボクシングでもそうなるというのに、柔道だけそうならない理由があるんでしょうか?
打撃が有効な格闘技と違い「出会い頭のラッキーヒットによるKO」が存在しない柔道で。
だからまずは「一本勝ちはかなり難しい!!」と言うのを再認識して欲しいんです。

で、その上でポイント偏重の流れを止め、一本勝ちによる決着を増やしたいなら
・判定は「一本」「技あり」のみ
・組んでいる状態で相手の帯の高さまで頭を下げる事を禁止する(ようは投げれらまいとして腰を思いっきり後ろに退くの禁止する)
・タックル技を潰して背後を捕ったら「技あり」→これを2回で「一本」(背後をとれなかったら、即座に立位から再開)
ぐらいのことしないと。ちなみにこれは素人の私の戯言ですので、ツッコミどころ満載なのは当たり前。
逆に言えばそんな私でもこのレベルの発想が出来るんだから、関係者各位には頑張って貰いたいところです。
スポンサーサイト

秋葉原    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sazanamiren.blog63.fc2.com/tb.php/142-40c2e5c2

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。