酔った勢いのとりとめ無きお話
- | 日々徒然 | 秋葉原 | 武術・格闘技 | お酒 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
居酒屋「酔蓮」
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

漣蓮

Author:漣蓮
燃料は酒、魂はアキバ系。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.05.14 Wed
そのラストはどうよ
いや、その終わり方はないだろよ?(涙)

ほい、数日前あまりにも強烈な肩透かし喰らった漣蓮です。
本当はもうちょっと早くに書く予定だったんですが、今ちょっと狩りに出かけること多くなりまして…(笑)
で、なにに肩透かし喰らったかと言えば

「少林少女」

でございます。
ま、ネタバレ気味に書くので、ここから先は一応自己判断で読んでくださいね。
よろしくお願いします。
さ、て…

まず最初に言っておきますとね、これ見るのにチケット代払うならTUTAYAとかに行って
「少林サッカー」「カンフーハッスル」「ドラゴン怒りの鉄拳」「ドラゴンへの道」、あと余力があったら「少林寺」「少林寺三十六房」
を借りてきて見た方が、ず????????っと面白いです。だって中身の大部分が上記の作品のパロ。また悪いことに「少林サッカー」をネタにしたギャグがまぁ、しつこいったらない。
私の隣りに座ってた小学生男子3人組なんぞ途中で完全に飽きて失笑していたしねぇ。

「少林サッカー」のノリで「少林拳」+「ラクロス」なんてことをやってみかったみたいだけど、途中でラクロス置き去りモード。原因は簡単。
話の中心になる部分にラクロスが絡む要素が弱いから。
話の中心はあくまでも柴咲コウ演じる凜の精神面の成長や武術絡みの因縁にあるんですが…
精神面の成長を描くなら別にラクロスでなくても良いわけだし、ラクロス部の存在が武術絡みの因縁に関係しているわけでもない(まぁストーリー上かなり強引に絡めてるけどね)。
わざわざラクロスなんて絡めないで、凜が自身の生家である少林拳道場の再興に孤軍奮闘するお話にすれば良かったものを…
結局、コメディ映画をやりたいのか武術映画をやりたいのかハッキリしないままに終わってしまうんだよねぇ。

またアクションシーンを期待するのもダメ。まったくダメではないけれど、凜がまともに戦っているシーンなんて本当に最後の数分くらい。江口洋介にいたってはほとんどフルボッコにされてるシーンしかない(まぁ立場上そう言う役回りなのは判るんだが)。正直ナイナイ岡村の動きが一番良かったんでは無かろうか?

あと尺の問題なのかも知れないけど、おそらく話の上で重要なシーンがごっそり切られていると見受けられる部分がありました。これはあきらかに劇場側ないしは編集現場のミスだよねぇ。
だっておかしいもの、江口が柴咲に「自分と仲村トオルの間にはこういうことがあったんだ」ってシーンがないの(そう言うこと話したと思われる台詞だけがある)。

まぁなんと言おうかったら
見て損した
だろうな。
スポンサーサイト

日々徒然    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sazanamiren.blog63.fc2.com/tb.php/155-c5ee3ccb

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。