酔った勢いのとりとめ無きお話
- | 日々徒然 | 秋葉原 | 武術・格闘技 | お酒 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
居酒屋「酔蓮」
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

漣蓮

Author:漣蓮
燃料は酒、魂はアキバ系。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.05.05 Tue
今夜のお供
2009050520400000.jpg
こういう模索はいいと思う。

はい、今夜は家で静かに呑んでる漣蓮です。
今日は雨と言うこともあってお家で大人しくしていたんですが、やっぱりなんか物足りないので近所のコンビニに今夜のお供を迎えに行ったのですが…

結果写真のブツを手にしたわけですよwwww
これまでコンビニで日本酒というと大体300?720くらいの瓶か紙パック、あとはワンカップだったのですが、こいつは200ミリ缶。しかもプルトップじゃなくてキャップ式のやつ。
いやいや、これは新しい!!

ってわけで買って来ちゃいましたw
ビールや焼酎はもちろんいい、山崎などのジャパニーズウィスキーも素敵です。
でもやっぱり日本独自の酒である日本酒(英語じゃ「SAKE」って呼称を戴いてるくらいですぞ)が、もっと気軽に呑んでもらえたら良いのに…
そう考えてる漣にとって、このお手軽に呑めそうなスタイルは「おぉ!!」と思わせる物でしたから。

結論:日本酒超入門にはいい。

世の中には「最初に最高の物を味わうべき」と言う方もいますし、その論を否定するする気もありませんが、やっぱり人によっては色々な部分でハードルの高さを気にする方もいると思うのですよ。
そう言う方にまずは気軽な気持ち(特に懐具合とか取っつきにくさの面でね)で呑んでいただこう、と言うのには良いんじゃないかなぁ。
また日本酒の場合、「オヤジ臭い」なんて意見もあったりするので、こういう缶を使ってライトな感じにしてみるのも私的には良いと思いました。

ただ1つだけ…やっぱり瓶や徳利から御猪口に移して呑むのと違って、金属の匂いが邪魔して香りを楽しみにくいと言う難点はあるかもです。この点だけは残念かなぁ(まぁここは「日本酒良いじゃん!!」って思って貰ってからでも遅くないですからね)

日本酒業界のこういう模索はどんどんやって欲しいです、はい。

ps
頑張れ、日本酒!!
スポンサーサイト

日々徒然    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sazanamiren.blog63.fc2.com/tb.php/209-576d537d

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。