酔った勢いのとりとめ無きお話
- | 日々徒然 | 秋葉原 | 武術・格闘技 | お酒 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
居酒屋「酔蓮」
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
プロフィール

漣蓮

Author:漣蓮
燃料は酒、魂はアキバ系。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.02.12 Sun
つぶやきさんから拾ってみた
あちらにはちらっと書いたけどこちらでも。

はい、最近絶賛お仕事先でイライラ中の漣蓮です。
まったくどうして大きい会社ってのは下を振り回してくれるかなぁ…
同僚は同僚で頭痛いのがいるし…

とまぁ、そんな状態の私・漣蓮。
こっちの更新ほっぽらかしの割に、つぶやきさんの方はちょいちょい書いてたりします。
で、あちらの方でちらっとみたことをネタに書いてみましょう。

まず「メイド喫茶ぼったくり」ってお話。
これは前にも少し書きましたが、何をもっていくらから「ぼったくり」と言うのかは、個人の観点によるとこがあるので難しいですが、大雑把に言って「コーヒーとケーキのセットだけで¥2000とか取られたらグレーゾーン、それ以上なら黒」じゃないかなぁと私は考えます(もっとも銀座あたりのお高い喫茶店だと什器代的にかなりとられたしますから)。
ただね…そういうの抜きに「完全に黒!!」って言いたくなるのは、噂に聞くメニューの押し売りがある場合。
幸い漣が行った、そして贔屓にしているお店にはそういうことするお店はないのですが、これははっきり言ってよろしくないでしょう。
メニューに載っているものを「よろしければどうぞ」と言う形で勧めてくるのはOK、客も納得したうえで頼むわけだからね。
でも「頼んでくださいよ、ね、いいでしょ、ハイ決まり!!」みたいのはNG、きっぱりはっきり断って良い。
「だが断る。この私の最も好きなことの一つは、頼んで当然みたいな態度の奴にNOを叩きつけてやることだ」
って感じで。だって納得したうえで頼んだわけじゃないからね。
それで接客態度があからさまに悪くなるようなら、なおさら始末が悪ってことなので、そういうお店は切って良い。仮に初めて行ったお店がそんなだったのなら、犬に噛まれたみたいなもんだともって忘れましょう。その方が精神衛生上良いと思う。

次は、普段キャバクラに行かれているお客様から「プライベートも連絡先も教えてくれない。店外デートもできない。それで一体なにが楽しいの?」と言われたというどこかのスタッフ様のお話なのですが…
これ見たときに最初に思ったのは
「まず前提が間違ってるぞ、このお客さん」
でした。いわゆるコスプレ・メイド系飲食店を利用したことがない一般のお客様の中には、そうした店が「オタク向けのライトなキャバクラ」と思っている方がいるのは知っていますよ(利用したうえで言う方もいますね)。でもね…まずお店側が「うちはキャバクラですよ」って言っていないなら、その認識を取りはずさなきゃ。
でないと前述のような「キャバクラの常識や慣例が通用しないけどなんで?」となってしまいます。
で、そのうえで何が楽しいの?と聞かれると、私は答えに困ってしまいます。
だってそんなこと考えたことがないから。自分が行って「居心地良いなぁ」と思ったお店をそのまま贔屓の店として利用している、そしてそのお店がたまたまメイド喫茶だった、ってだけの話ですからね。
じゃぁなんで最初に行こうと思ったの?と聞かれたなら、それは簡単。
「あ、なんか新しいお店出来たんだ。入ってみよ」
こんな感じですよ(そもそも初めて利用したのって、ゲーマーズさんがやってたPiaキャロカフェだったし)。

最近は「面白そう」で入るにはリスクの高いお店も増えてきましたが、CafeFavoritepieceさんみたいな良店も現れているので、地味に新店開拓もしておりますよ~
では~
スポンサーサイト

秋葉原    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sazanamiren.blog63.fc2.com/tb.php/268-5490e55c

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。