酔った勢いのとりとめ無きお話
- | 日々徒然 | 秋葉原 | 武術・格闘技 | お酒 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
居酒屋「酔蓮」
≪2006.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2006.05≫
プロフィール

Author:漣蓮
燃料は酒、魂はアキバ系。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.03.01 Thu
やり方はあろうけど
正直そこまでの手間かける気はあるのかなぁ?

はい、下手の横好き・漣蓮です。
いきなりですけど、私すっごく運動って苦手なんですよ。
水泳なんて「かなづちよりはマシ」レベルだし、スケートなんて「壁は友達」or「生まれたての小鹿」。
体力だってさほどある方じゃないですし。
そんな私ですが、武術とか格闘技は好きなようで、今お世話になっている道場には自分でも驚くくらい長くお世話になっておりますし、休み休みですがとあるジムの方にも通ったりしています。
まぁ、それこれも指導してくださる先生やコーチの方が、優れた指導力を持っていらっしゃるからなのですが。

で、なんでいきなりこんな話をするかと言えば…
今、文科省の方で大真面目に「柔道の必修化」を考えてるっていうのを見て、ちと思うところがあったから。

漣が高校生の時の話なのですが、うちの学校は「格技」と称して剣道or柔道(どちらか選択)を体育の一環としてやっていました。で、私は中学の時に一応剣道部にいたので剣道を選択、経験値があった分わりと気楽にやっていたのですが…
悲劇はある日起こりました。
剣道の授業が一息ついて面を外したとき、隣の柔道場で騒ぎ声が。
何事かと思ったら…
柔道を選択した同級生の一人が、頭から落っこちて重体。そのまま病院緊急搬送。
結果…その同級生は半身不随の身となりました。
詳しいところまではわかりませんが、どうも乱捕りの最中、投げられそうになって無理な体勢で踏ん張って、結果的に受け身を失敗、頭から…という感じだったようです。

こういうことが身近にあって、かつ自ら進んで武術や格闘技に足突っ込んでる私からするとね…
必修化するならするで、やり方をしっかり考えないと、彼のような被害者はどんどん出てくるよ。マジで。
って思いが止まらいなんですよ。

まず指導者。先に書いた通り私みたいな鈍くさいのでも、無事に武術・格闘技を趣味として続けていけるのは、安全に留意して、きちんと指導してくれる優れた指導者がいるから。だから柔道を必修化しようとかいうのなら、講道館にでも協力を求めて、三段以上でかつ指導歴がある人間を指導者として招かないとダメかと。
それとも文科省の偉い人とかは、体育の先生は体動かすことなら何でもできる超人だと思ってるんだろうかな??
次に指導内容。やるならまず受け身、1も2もなく受け身。受け身が全員出来るようになったら、合気道みたいな感じの形稽古で投げの練習。これくらいにしといたほうがいい。乱捕り?それやりたいなら柔道部に入ればよろしい。
素人同士が乱捕りなんてやった日には、絶対途中でむきになって、滅茶苦茶な技だしたり受け身とりゃいいのに下手に踏ん張って怪我したりするんですよ。そういう事がないように、まともな武道系の部活では、上級者が胸を貸したり、攻守を決めて掛かり稽古とかやったりして、段々と乱捕りとか組手とかにつなげてくんですよ。
それに形稽古ならね「ゆっくり投げて、落ち着いて受け身」が出来るでしょ。これだけでも危険度は確実に下がるよ。

どうして急に武道の必修なんて言い出したのかは知りません。もちろん安全面にきちんと留意した指導ができるならやるのもいいでしょう。
でも自ら進んで足突っ込んだわけでもない人間にもやらせるなら、その人たちに十分気を配りましょう。
では、このへんで。
スポンサーサイト

武術・格闘技    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by 株のやり方
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2012.03.01 Thu 16:41 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sazanamiren.blog63.fc2.com/tb.php/270-c2bc0d19

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。