酔った勢いのとりとめ無きお話
- | 日々徒然 | 秋葉原 | 武術・格闘技 | お酒 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
居酒屋「酔蓮」
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

漣蓮

Author:漣蓮
燃料は酒、魂はアキバ系。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2014.08.15 Fri
え?太極拳??
少なくとも私がやっているものとは違う…

はい、平行世界の存在を見た気分・漣蓮です。

ある日のことでしたか…
居間でテレビを見ていた母が、私に呼びかけます。
「今テレビで太極拳やってるよ~」
ほうほう、自分の知らん流派の動きを見るのも何かの足しになろう。
ってことで、居間に移動してテレビを見る。
やっていたのは「武術太極拳大会」って言う表演の大会だったわけですが…

「南拳」

ん?南拳??
おぉ、そうか。母みたいな「太極拳かジャッキー・チェン的な奴」しか知らない方には、太極拳と南拳の違いはわからんわなぁ。
うん、そりゃ仕方ない。(補足:「南拳」は大雑把に言えば、中国南方に伝わる代表的ないくつかの流派の動きを混ぜこぜにして競技用に制定もの)
で、見ていたら…

いきなりバク宙した。

は?私が知ってる中国南方の流派って言うと洪家拳とか蔡李仏家拳とか詠春拳くらいだけど、共通して言えるのは
「しっかり地に足を付けた戦い方をする」
ってところ。単に私が無知なだけやもしれんので、これ以上言わないけど正直驚いた。

でもね…もっと驚いたのは、そのあとに出てきた「太極拳」だったのですよ。
もともと太極拳の世界に「競技用規定塘路」って言う型が存在することは知ってましたよ。
ただ、実物を見たことがないのでどんなものかは知らなかったわけです。
で、今回初めてそれらしいもの見て驚いた。

なんか知らんけど跳躍しての蹴り技バンバン出す!!(スゲェ、長拳みたい!!)
なんか知らんけど左足の後ろを通すように右足を伸ばしてそのまま座る(何の意味があるんだろ?)
なんか知らんけど片足重心の低い姿勢で2秒静止する(らしい、解説を聞く限りそこが評価点っぽい)

え?これ本当に太極拳なの??
私がやってる陳式だったり、お世話になってる道場で教えてる楊式や孫式って言う太極拳とあまりにも違い過ぎて、頭の理解がおっつかない。
うちの母「ねぇ、あんたこういうのやってるの??」
私「やってない。少なくともこんなに跳ねまわったりしない」
でまぁ…結局、最後まで見てたんですが、やっぱりあまりに違い過ぎて同じ「太極拳」って括りで理解できませんでした。
これはこれで一つの競技なのでしょうけれど、なんというか…
この大会見て「太極拳はじめよう!!」って思った人が、「太極拳」って文字だけで反応してうちの道場とかきちゃったらどうなっちゃうんでしょうねぇ??
なんか平行世界にいる同じ名前の別人に出会った気分です。

では~
スポンサーサイト

武術・格闘技    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sazanamiren.blog63.fc2.com/tb.php/298-8d3dca47

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。