酔った勢いのとりとめ無きお話
- | 日々徒然 | 秋葉原 | 武術・格闘技 | お酒 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
居酒屋「酔蓮」
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

漣蓮

Author:漣蓮
燃料は酒、魂はアキバ系。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.05.02 Wed
もっと時間割きません?
一応カテゴリー的には「武術・格闘技」ですが、ちょっと番外編的な感じで一席。

漣は多少でも自分の武術の修練の足しになると思えば、何だろうが無節操にやってみます。無論、当たりはずれありますが、やらずにグダグダ言うよりはいいかなぁ、と。
そんなわけですから、武術・格闘技に限らず、フィットネスや筋トレなんかの専門書のコーナーも資料を求めて行くのですが…何故か少ないんですよね、陸上と体操の専門書って。
ある時ふと思ったのですが…
陸上選手の持ってる瞬発力・持久力、体操選手の持つ柔軟性・筋持久力・バランス感覚、そして方向性が違えど両者の持つ跳躍力は、どの競技・格闘技・武術の世界の人間だろうと、決して無視できる物ではないはずなんですよ。でもその割には、サッカーや野球なんかに比べて、書籍としての扱いは今ひとつ低い。
また、学生時代の体育を振り返ってみても、体操なら鉄棒・跳び箱・マット運動、陸上なら短距離・幅跳び・ハードルくらいしかやった覚えがない。

もちろん誰しもが陸上・体操、それぞれを専門にしている方のレベルまで達する必要は無いとは思います。でも、この二つによって人の運動能力のレベルは、間違いなく底上げされるとも思うのですよ。
だからさ…文科省のお役人さん達も、もう少し陸上・体操の種目に時間割くように動いたら良いんじゃないのかなぁ、と漣は思います。
きっと子供達の基礎体力を向上や、大怪我する確率の低下に繋がるはずですよ。
スポンサーサイト

秋葉原    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://sazanamiren.blog63.fc2.com/tb.php/79-aa5f8dbf

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。