酔った勢いのとりとめ無きお話
- | 日々徒然 | 秋葉原 | 武術・格闘技 | お酒 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
居酒屋「酔蓮」
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
プロフィール

漣蓮

Author:漣蓮
燃料は酒、魂はアキバ系。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
「秋葉原 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2014.07.02 Wed
ZOID reboot
Re:birthとかRELOADとか。

はい、酒は人生の活性剤、漣蓮です。

さてさて、5月に移転・リニューアルのため一時閉店していたZOIDさんが7/1、ついに営業再開しました!!
6月中を目指していたそうですが、ちょっとずれこんだ感じかな。
ともあれ、私にとって心の安息所、酒を教えてくれた場所のリニューアル初日、行かねば!!ってことで行ってきました。
で、軽くお店の行き方なぞ…
140.jpg
スタートはおなじみの方も多いであろう、JR秋葉原駅電気街口改札でてすぐのATRE1前からですよ~

141.jpg
スタート地点から左向いてまっすぐ歩きましょう。で、磯丸水産さんに辿り着いたら左向いて道なりに進みましょう。
途中ビラ配りしてる女の子が何人かいますがここはスルーで。
144.jpg
和民を右手にしたあたりで、こんな風に自販機が見えるポイントがあるのですが、この自販機のところを右に曲がると橋が現れます。
147.jpg
橋を渡っていると「柳森神社」と言う看板が見えてきます。ここポイントですよ。
橋を渡りきって左向いてちょっと歩くとこの柳森神社さんの鳥居の前に出ます。で、その向かいあたりに…
150a.png
写りが悪くて申し訳ありませんが、1階が佐川急便の詰所になっている建物があります。
この建物の3階がZOIDさん新店舗となってます。なんか窓のあたりに光ってる何かが写ってますが、これ
「OPEN」
って文字の電飾です。これが点いていたらお店開いてます、のサインだそうです。

で、新店舗。中は以前に比べてぐっと広くなりました。カウンター9席、テーブル9席。
カウンター席に関してはカウンター中央あたりにスタッフさんが出入りするところがあって実際には「5+4」席と言う感じ。
お酒の種類と質はこれまでどおりいい感じに整っております。
あ、ZOIDさんは金土日はメイドさんがいるバーですが、火水木は普通のバーとしてやっておりますので、どのタイミングで行くかは皆様の判断で。

開店初日、待っていたであろうお客様が次々やってきていた様子。私が次に行くのは今度の週末かな。
では!!

秋葉原    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2014.06.10 Tue
やはりこの一杯で
私の週末はやはりこの一杯で。

はい、愛飲するカクテルはカミカゼ、漣蓮です。

それは先週の中ごろのこと、なにやら耳寄りなつぶやきが聞こえてきた。
「どこか場所をお借りして土日に突発的に営業したら、みなさん来てくれるかなぁ」
つぶやきの主はZOIDさん。
そう、ただ今新店舗営業準備中でお休みしている私のお気に入りのお店。
まぁ、すでに日曜でどうしても外せない日が1日あるけれど、そこでなければいつでもお呼びに応える気まんまん。
その旨つぶやき返してしばらくしたら…

「6月8日日曜日、突発で営業しちゃいます!!」

仕事はやっ!!
そうと決まれば行くよりほかに選択肢は無し。
ただしもう一つ問題が…
「会場の場所がいまいちよくわからん…」
なんてことつぶやいたら、スタッフの蒼以さんが
「みなさん、場所はここですよ」
的な軽い道案内を返してくれたわけですが…

はい、ばっちり迷いましたwww

まったくねぇ…秋葉原なら裏路地に隠れたほっそい階段の上んなきゃいけない店でもあっさり見つけるというのに…ちょ~っと淡路町方面に出ただけでこの体たらくですよ。
で、なんとか会場にたどり着くと…
うむうむ、マスターに唯衣さん、蒼以さん、それに見知った顔が。
場所は違えど私の週末が来たなぁ、って気分である。
したらもちろん一杯目に頼むのは「カミカゼ」である!!

今は他所のお店で週末呑んでたりするけど、やっぱりなんか違うんですよねぇ…
ZOIDさん新店舗開店が本当に待ち遠しいです。

では!!

秋葉原    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2014.05.19 Mon
しばしのお別れ
IMG_0133.jpg
あぁ、この看板10年くらい見てたのね。

はい、16日から18日まで連日飲んだくれの漣蓮です。

さてさて、漣の酒飲みライフを語るうえで、絶対に避けて通れない存在、メイドバー・ZOIDさん。
昨日5月18日を以て「一旦」閉店、となりました。
いやぁ…最初メルマガで情報で来た時には、スマホ片手に

「はぁ?!」

ってなりましたからねぇ。
なにしろこの業界長く見てると、「一旦閉店します。再会した時には(ry」って言って消えたお店なんて幾つも出くわしてるから、不安になるわけですよ。ところがよく見れば…

「移転します」

ようは「お引越しのために一旦閉店しますよ」でした。
ふぅ、やれやれ、一安心。で、お店の方で移転先の地図も公開していたので、不安解消、すっきりした。

で、16~18日は最後の3日間と言うことで、連日にZOIDさんに呑み行っておりました。
やはり今年で10年目、メイドバーでなく普通のショットバーとしても20年近く続いているお店だけあって、常連さん大集結で連日盛況。3日間の間で知ってる顔に合わない日なかったんじゃないの?ってレベル。
私も慣れ親しんだ場所で最後まで楽しく飲ませてもらいました。

6月中の再開を目指してるそうですが、場所ももうきちんと決まっているので、あとは移転先の改装とかでどうなるかなぁ、といった感じだと思われます。
新天地での営業が始まったら、すぐにでも呑みに行こうと今から決意している次第でございます。

それまで、マスター、スタッフの皆様、そして常連の皆様、しばしのお別れを!!
では!

秋葉原    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.09.22 Sun
私には不要
腰痛再燃、自己調整中。

はい、今夜は宅呑み・漣蓮です。

さてさて~
今夜ネタにするのは、一昨日くらいからぼそぼそっと呟いていたお話。
コスプレ・メイド系店舗や一部喫茶店なんかでサービスとしてやっている、フードメニューにケチャップやチョコでお絵描きするサービスなんですが…

これ、私には不要なオプションなんですよねぇ…

最初にこれを「私にはいらないかなぁ…」って思ったのは、とある店でのこと。
私が頼んだフードメニューに、ケチャップでお絵描きしてくれるというので、まぁお任せでやってもらったのですがねぇ…
その時の私の心境…
「へぇ、面白いサービスだね」
     ↓
「まだかなぁ…」
     ↓
「早く食べたいんですが…」
     ↓
(出来上がり)
「う、うん、ありがとう…(はやく食べたかったなぁ…)」

10代の頃の自分なら、途中で半ギレして不愛想に「…ありがと…」って感じで終わってた思います(ちなみにその頃の私を知っている人に言わせると、おなかすいてる時の私は殺気立っていたのだそうです、はい)
でも私もいい大人ですので待ちはしますが、やはり好い気はしません。
と同時に「せっかく描いてくれたのぐっちゃぐちゃにして食べるのも気が引けるよねぇ…」とも思ったわけでして…
結局、「食べる部分は仕方ないにしても、できるだけ綺麗に残して食べよう」なんて気を使いながら完食したのですが、食後の皿見て「…」ってなっちゃったんですよねぇ…
基本、よほど不味かったり、自分の手に負えない量でなければお皿の上は綺麗にする(ようは食べ残しなしにする)のが作ってくれた方への礼儀、と考える私にとって、残ったケチャップ絵は描いてくれた人に気を使いながら、自分のポリシーにも反する二律背反。
以来私は「お皿のふちに書く簡単なメッセージ」以外は、この手のサービスをお断りしています。

え?そう決めたなら何故今更ネタにするって?
ん~いや、ですね…
私が地味に気にいってるお店がですね…割と積極的にこのサービス展開中なんですよねぇ…
で、つい最近そのお店がアップした写真見て思っちゃったんですよ…
「なにこのうるさい皿…」
正直あ、あまりにも描きこまれていると、と言うか皿の大部分がイラスト描きこまれた状態だと、
「ケーキを提供したいの?本音はイラスト見せたいだけじゃないの?」
って感じてしまうのですよ。
しかも希望者限定とは言え、そのために「お時間ください!!」なんて言ってしまう時点で「客待たすくらいならやらなきゃいいじゃん」だしねぇ。

サービスに力入れるのはいいけど、やりすぎたら私みたいな「そこまでしなくていいから、もっと手早く提供してよ」なお客様が出てきてしまうと思うのですよ。
手加減大事、バランス大事。
難しいけどここを気にしてほしいのですよ~

では、酔っぱらいの戯言はこのへんで。
では~

秋葉原    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2012.12.03 Mon
HoneyHoney秋葉原
これは久々のヒット!!

はい、最近は新店開拓する気が大暴落な漣蓮です。
いやねぇ…某No1なお店が幅利かすようになったのと同じくらいの頃から、萌えキュン路線の店ばっか増えちゃったんで、噂は聞いても完全スルー、ってパターンになってたんですよ。
でもね、前回書いたとおり、悪評をほとんど聞かない、しかも萌えキュン路線でもないお店が来ると聞いたんで行ってきたわけですよ。
HoneyHoney秋葉原さま

まぁ思ったことを書きますと

・「お値段が良心的」
こちらのお店はお酒や割としっかりした食事などもあるのですが、それがかなり良心的な価格で提供されています。正直これなら普段遣いでも全然問題ないレベルですし、メイド喫茶初心者の方にも安心しておすすめできる価格帯です。

・「軽く飲むのに良い」
って、のんべぇの私らしい話ですけど(笑)
前述のとおりお値段が良心的なことに加え、おつまみ系のメニューが良い感じに整っています。
飲む人間からすると「重いのいらない、ほんっと軽いのでいい」ってのがあるんですが、そのへんちゃんと答えてくれます。

・「カウンターに物申す」
私が座ったのはカウンター席だったのですが…ここについてはちょっと一言かなぁ…
カウンターの席数が多いのか、若干窮屈な感じ。あと2席くらい削ると良い感じになりそうなのですが…
またこれと関係するのがレジの位置で、ハニハニさんはテーブル会計というシステムをとっているので、
「会計計算」→「お客さんから代金を受け取る」→「レジで精算」→「お客さんにレシートとお釣りを渡す」
と言う流れになるのですが、レジとメイドさんのやりとりをカウンター越しにやるために、カウンターの一部をそのためのスペースとして開けておかねばならず、それが結果的にカウンター席を詰めて配置する→窮屈な配置になってしまう、と言う結果を招いているのではないかなぁ、と思います。

座席についてはまぁいろいろありましたが、「安心して使える優良店」と言う評価は揺らぎませんでした。
また今度はお店が落ち着いた頃に行ってみようかと思います。
では~

秋葉原    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。