酔った勢いのとりとめ無きお話
- | 日々徒然 | 秋葉原 | 武術・格闘技 | お酒 | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
居酒屋「酔蓮」
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

漣蓮

Author:漣蓮
燃料は酒、魂はアキバ系。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
「お酒 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2015.05.06 Wed
お手軽にどうぞ
お手軽にひとつどうぞ。

はい、日本酒好きが増えると良いな・漣蓮です。
各酒蔵さんががんばって良いお酒作っている一方で、なかなか日本酒呑む人は増えなかったりするのが現状です。
そもそも若い人の飲酒量が減少しているそうですから当たり前と言えばそうなのかもしれませんが、やはり日本酒好きなおじさんとしては、ちょっとでも日本酒呑む人が増えてくれるとうれしいなぁ、と思う次第だったりします。

で、日本酒の何がいけなくて呑む人増えないのかなぁ…と考えれば、色々理由は浮かぶのですが、そのうちの一つが「お手軽さ」だと思うのです。
コンビニ行けば180ミリとかのお手頃サイズなんかもありますが、瓶の容器と言うのはやはりお手軽さに欠ける。そんな風に考えていた蓮さん、こんなのものに出会いました!!
133.jpg134.jpg
こちら、JR秋葉原駅構内にあります地方の食料品などをあつかう「のもの」さんにて購入しました日本酒缶でして…
商品名:「男の純米DRY」

岩手の「あさ開」と言うお酒を造っている酒造さんが出した商品でございます。
この手の日本酒って、なんかべしゃ~っとした不味い酒(日本酒嫌いが増える元凶)である確率が高いのですが、ちゃんとした酒造さんがこしらえた純米酒だけあってすっきりとした感じの味わい。
これならビールや缶酎ハイでも買うぐらいのお手軽さで手が出しやすいんではないかなぁ、と思いました。

これからアウトドアでキャンプやバーベキューなんかには良い季節になりますね。
そんな時にクーラーボックスにほいっと1本忍ばせるにはちょうど良いサイズですので軽い気持ちでお1つどうでしょう?

では~

お酒    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.07.30 Tue
漣的日本酒考(?)~萌酒
見た目に騙されてはならない。

はい、魂アキバ系酒飲み漣蓮です。

私は日本酒が好きです。
世界の人々の間でも「SAKE」と称され親しまれているくらい誇れる一品でございます。

が、どうにもこうにも肝心の日本人の間で今一つ人気がないみたいなんですよねぇ…
ビールのようなお手軽かつ爽快感たっぷり、って感じのものではなく、どちからと言えばある程度年齢が上の方がじっくり飲むお酒、と言うイメージがその原因の一つじゃないのかなぁ、と時折思うわけなのですが、

そんなイメージの突破口として「萌酒」なんていかがですか?

と言うのが今回のお話だったりします。
「萌酒」というのはまぁ…良くある日本酒ラベルではなく、いわゆる萌えキャラをラベルに採用している日本酒なのですが、、その見た目のライトさとは裏腹に、中身はしっかりした製品がバッチリあったりします。
例えば最近私が頂いたものですと
静岡の「鈴木酒店」様にて取り扱っている「天虹寺駿河」
と言う銘柄は切れ味良好、辛口の日本酒好きな方にはちょっと挑んで頂きたいし、日本酒初心者の方にも「まぁ新しい世界をのぞいてみると思っていかがですか?」とお勧めしてみたくなる一品だったりします。

私は人の道さえ外さなきゃ、物事入口は何でもいいと考えます。
「を?このラベルのキャラ良いねぇ!!」
って具合でもいいと思うのです。
そこを入口にじっくり味わって呑む楽しみ、ひいては日本酒自体への興味を持っていただくことが、日本酒の消費量向上につながるんじゃないかなぁ、と思う次第でございます。

さて、酔っぱらいのたわごとはここまでにして…

おやすみなさいませ。

お酒    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2013.06.06 Thu
ゆっくりのんびりが良い
お猪口で一杯ずつ、そんなペースが一番良い。

はい、また一つ年食った不良店主・漣蓮です。
で、そんな私に「はい、誕生日プレゼント」と姉が日本酒(新潟からお取り寄せ)くれたんですが…

その中に入っていたチラシになかなかためになるお話が書いてありました。
それは

「ぜひ日本酒はちびちび飲んでください」

漣は会社の飲み会などで、周りがビールをガンガン飲む中で1人マイペースに日本酒を傾けています。
これは炭酸があんまり体に合わないのでビールは量が飲めない、と言うところもあるのですが、それ以上にゆっくりのんびり日本酒呑んでる方が、そこそこ飲んでも酒が残らないって言うのがあるからなんです(まぁ単に日本酒が好きってのもあるんですが・笑)
これは体質的に日本酒と相性がいいからなのかなぁ、と思っていたのですが先述のチラシを読むとどうもそればかりじゃない様子。
そこに書かれているお話によれば
・日本酒はとても飲みやすい反面アルコール度数は15%程度とビール(概ね5%程度)に比べて高い。だからビールと同じペースで飲むのがそもそもの間違い。
・アルコールは胃の中で体温と同じ温度になって初めて吸収が始まる。特に冷酒は胃の中に納まってから前述の条件が整ったのち一気に吸収されるので、いきなり酔いが回る(熱燗のほうが悪酔いしないというのはこの辺が関係してるのかもしれませんね)
とのこと。
つまりなんも考えずにやっていた「ゆっくりのんびり」は、実は理にかなう呑み方だったようです。

前に悪酔いしちゃってから日本酒苦手だなぁ…と敬遠されている皆様。
今一度日本酒、味わってみませんか?
ご自分のペースでゆっくりのんびり、と。

では~

お酒    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。